日々を綴っています。
[228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218
お知らせ
ムービー配信中→特設サイト
ムービー配信中→柔道ムービー等
関係者のみ視聴可能になっております。ご了承ください。
こんばんは、たこです。

最近は、朝の冷え込みが厳しくなってきました。日中でも、日が陰ると寒く感じます。

自転車に乗るのが厳しくなる冬シーズン突入前に、どうしても行っておきたい場所がありました。

それは、青葉城です。
特に歴史にも興味ないし、お城とか好きじゃないんですけど、仙台で唯一知っていた名所です。

ちょっと変な話になりますが、お父んが亡くなった時に、「お父んが好きやった曲をカセットテープに入れて、葬式で流そう」って、家族の発案で行った企画がありまして、その中の1曲に入っていたのが「青葉城恋唄」だったのです。

自分も、それまでに聞いたことがあったのですが、お父んがそんな好きな歌だとは知らなかったし、正直、選曲された中では、思い出の薄い方の曲でありました。

葬式場の方々のご配慮で、通夜から告別まで、ほとんどそのカセットテープがリピートされていて、どの歌もカラオケで歌える位に、しっかり覚えました。

で、告別式の最後、「最後のお別れです。棺桶の蓋を閉めますよ」みたいなアナウンスがあった時に、さもクライマックスのごとく、BGMが大音量に。

その直前まで気丈に振る舞って、ヘラヘラ笑ってた皆が、「最後」って言葉にやられたのか、わんわん泣いていたのだけど、泣き声はBGMでかき消えてました。

その時の大音量BGMが「青葉城恋唄」だったのですね。

お母んと二人で、お父んの棺を載せた霊柩車乗った時に、弱ってたお母んが「最後、なんの歌が流れてたかな?」って、自分に聞いてきたので、「青葉城恋唄やったよ」って答えたら、「そう、良かったわぁ」って言いまして。

理由は分かりませんが、別れの歌だけど、なんか良かったみたいです。

と、そんな鮮烈な思い出を刻んでくれた「青葉城恋唄」なので、いっぺんくらい行っておかないとね!という決意で、今日いってみようと、思い立ったのです。

前置き長かったですね。青葉城への道程も長かったんです。

ネットの情報によると、たこのアパートから5キロくらい離れた場所に、青葉城はあります。

皆さんご存じの、レンタル自転車ダテバイクで向かいます。

街中は、すっかり秋の装いです。
途中の公園です。役所がいっぱい集まっている辺りで、イベントなどが行われていましたが、スルーします。



広瀬川。歌の中に出てきますね。高くて怖い。



あちこちで写真撮りながら来たので、40分くらいで到着。

正式名称は仙台城です。青葉山にあるお城なので、青葉城なんですかね。


観光スポットなので、ダテバイクの返却スポットもあります。


とても秋っぽい景色で、とても心が洗われました。

せっかく来たから、伊達政宗像の写真でも撮って帰ろう、と思って掲示板を見たところ、どうやら山道を登るかバスに乗っていくしかないようでした。

歩くの面倒だし、バスに乗るのもあれだし、そもそも待つのがイヤだし。

でも、せっかく来たから、政宗像は撮っておきたい。

迷いながらも、ヨタヨタ登山開始。看板によると、20分程度らしいです。

凄い石垣です。城の跡なので、建造物は石垣しかないようですが、立派ですな。


道はしっかりと舗装してあるので、問題はありません。問題があったのは、自分の体力です。10分もしないうちに、ふくらはぎがピクピク。なんか、膝も痛い気がする。

引き返した方が良い予感を感じたのですが、なんとなく、お父んに見られてる気がするので、頑張って前進。

でっかい鳥居をくぐります。
神社なんですね。



お、あの隙間に見えるのは!



政宗様です!
やっと到着。


観光客のかたもいらっしゃいます。
外国語が飛び交っていました。
よくわからないけど、侍の格好した人が居ました。観光地特有の営業かな?



凄い景色ですね。頑張って歩いたかいがあります。


目的を果たしたので、お参りもせずに下山。今日は歯医者の予約があったので、大急ぎで戻らなければいけません。

思いの他、登山と撮影に時間を費やしてしまいました。

下山中に、胸像を発見したので、とりあえず撮影。騎馬像と同じなのかな?


再びダテバイクをレンタルして、北仙台へ向かいます。行きは40分もかかったのに、帰りは20分でした。

無事、歯医者へ間に合いました。


歯医者の後は、行きつけのお店で晩ごはんを食べて来ました。ハロウィンだしね。
居酒屋あきちゃん。


食べたのは、ポークソテー250グラム。
凄い食べ応え。ごはんとサラダと卵スープ付です。


今日も良い1日でありました。久しぶりに、お父んのことばかり考えた日でした。楽しくて美味しかったです。
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
特設サイトご案内
たこさぽ特設サイト

☆茜&茅乃祭り開催中☆
プロフィール
HN:
たこかん
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/10/27
最新コメント
[04/15 ゆい]
[04/15 NoName]
[04/14 かんじ]
■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■
Copyright © たこさぽ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie